スナックの開店祝いに胡蝶蘭を贈ると店が繁盛する。

公開日:  最終更新日:2017/04/13

スナックの開店祝いで何を贈ったらいいのかと悩まれる人って意外と多いと思います。
そんな私も、交友関係が広いことから、ちょくちょく世々様のお店のオープンの御祝いを贈ることがあります。

最初の事は正直何を贈ったら良いのかを把握していなかった事もありまして、無難に花束などを贈る事もありました。
しかし、実際にオープンしたお店へ行って見ると花束の祝いは意外と多い割りに、あまりお花が引き立っていたなかったり、中にはお花がオープン前だと言うのに、くた~となったり、枯れ初めているものもあるではありませんか!これではオープン前から縁起が悪いと思った記憶がありました。

お店のオーナーさんに聞いてみると、それゃ~お花の贈りものは嬉しいけれど、なんせ切り花(花束)だと花瓶の用意ができなくて、ついつい花を枯らしてしまうとのことなので、考え見たらそうだな~と思いました。

一気に花束が贈られてきたら扱いにも確かに困ります。
そんな中、とある夜のお店のオープン記念へ行った時に、店の前や入り口付近にはあふれんばかりの胡蝶蘭が置いてあったのです。
勿論スタンド式で、メッセージやお名前入りの2本立ちや3本立ちの胡蝶蘭が並んでいると、それだけで華やかな気持ちになりました。

また飲食店をはじめ、夜のお店のオープンの場合、お祝いで胡蝶蘭がどれだけ贈られてきたかなど!胡蝶蘭の数でその店のその後が分るとも言われているそうです。

沢山胡蝶蘭がお祝いに贈られてくる店は間違えなくその後は繁盛店になるようです。
私はそれを聞いてからは勿論、知人や友人のスナックの開店祝いにには胡蝶蘭を迷わず選んでおります。

また胡蝶蘭は福を呼ぶ花と呼ばれているので、飲食店や夜の世界のお酒を扱いお店ではとてももらうと喜ばれるんだそうです。
胡蝶蘭と共に福がやってきたと、言われているそうです。

どうせ、お金を使うならば、喜ばれて福が来ると言ってもらえる開店祝いを贈りたいので、自分自身が贈る時もそうですが、友人や身内は開店やオープン祝いに品を迷っている時は必ず、胡蝶蘭を勧めます。

予算の関係で2本立ちになっても胡蝶蘭は見栄えがするので、充分に豪華な印象になりますし、お値段以上のお花だと思います。
その後の手入れも簡単で長く咲いてくれる花なので、まさに開店祝いにはぴったりの贈り物と言えるでしょう。

もし、友人知人のスナック開店祝いが間近ならば、絶対に胡蝶蘭をお祝いに贈る事をお勧めしたいと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑